It must notice.  element from bicycle.
03≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293004/ ≫05
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
いよいよ・・・
2月中旬に差し掛かり、ダウンベストにナイロンパーカーの
レイヤードがサウナスーツと化す今日の日和。

今日も終日、夏企画の打合せと・・・

秋の準備が本格的にスタートしました。


秋の準備・・・

実はこれが今日のキモです。

段階的にお知らせしようかと思っていますが、
この秋にちょっとした仕掛けを施したウェアを発表します。

先んじて申し上げますと、
これは「rotator」ネームでは有りません。

この春から手掛けております某メーカーのNEWラインとして発表します。

展開の場はrotator storeが主になりますが、
今回は自転車をKEY WORDにしたハイブリット・ウェアと考えています。

皆さんにはどういうタイミングでお見せする事が出来るのかは、
現在は全くもって未定ですが、
ぜひ、お楽しみにしていて下さい・・・




と、引くに引けない様に、自分にプレッシャーを掛けながら、
今は夏から秋への準備を本格的に取り組んでいます。
2010'02'09(Tue)23:53 [ a wardrobe ] CM0. TB0 . TOP ▲
春早々
都内では未だなごり雪が残りますが、店頭ではここ数日で一気に
春物の動きが活発になってきましたので、この機会に少しだけ今春の
rotator storeのネタばらしを。



まず、ツーキニスト用スーツ。

これは2型を新作として発表します。

定番として作り続けましたジャージスーツも、
この春からデザインを一新し、よりスタイリッシュになりました。

そしてもう一型は、ローテク風スーツです。
コットンの風合いの色濃いストレッチ素材にベンチレーションを完備。
夏に向けて、ちょっとだけサプライズ的な素材使いをしています。



次に今季からカットソーが一新します。

従来の米国製コットンを使用したバックポケットTシャツが進化します。
内容はお楽しみに。
夏にはかなりの戦力になる筈です。



それから新たに定番化するのはポロシャツです。
吸汗速乾性の高い機能素材鹿の子に形はオーセンティックなスタイルですが、
サイズ感やディティールで、自転車に乗らない時にも主役になる・・・
と思ってデザインしました。
そしてこのポロのバリエーションとしてジャガード〇〇◯柄も!
これにも秘密の附属が付いています。


パンツですが、現在展開していますインナーパッド付きカーゴが
お陰さまで好評ですので、少し調子に乗ってバリエーションを増やします。

まずはスラックス。
何を履いて良いか悩むような時に、とりあえず履いとこう!と思ってもらえるような
かなりニュートラルな面構えにしました。

そしてクロップド等もありますが、この辺りはまたの機会に。



rotatorのオリジナルではないですが、この春、自転車に乗る時に感じる
ちょっとした不満が解消出来るアイテムも見つけました。

見つけた時はコロンブスの卵状態で、スグに色々な方に見てもらいましたが、
全員が「あっ、そうか!」とビックリしていましたので、
これもぜひお楽しみに。




という事で、

早く暖かくなって欲しいと思う今日のblogでした。
2010'02'05(Fri)03:13 [ a wardrobe ] CM0. TB0 . TOP ▲
残布のカバン
IMG_0886.jpg
企画進行の大詰めに差し掛かり、
いつもの数倍の事が同時進行で進む恒例のシーズン佳境。

モノを作るって、どんなものでも本当に面白いです。

と、感じるようになったのは、実は極最近で、
それまでは、どちらかと言えば苦痛の方が大きかったんです。

私が作るものは、お店という箱か、ウェアだったりするんですが、
数年前までは、いわゆる「0から1」の道程が、とてつもなく長く、
そして高い壁が立ち、攻略しきれない事の方が多かったんです。

ですが、ある事を境に、その壁が無くなりました。
というより、元々、そこに壁は無かったんです。
そこに壁がある様に見えていた原因は「主語の喪失」でした。

その事に気づいたのは前職での、ちょっとした遊びがキッカケでした。


前職場ではデニムを扱う仕事でしたので、必然、毎日残布と呼ばれる
余り生地が出ていました。
それをいつもは作業場のカーテンやマット様に継いだり、自分達の作業用ポーチにするなど、
なんとはなく賄い的に使う事がほとんどでしたが、
そんなある日。
ある馴染みお客様ご夫妻が家族全員でご来店されました。
というよりも、いつもより二人増えていたというのが本当なのですが。
走り回る事が何よりも楽しい、小さな男の子と女の子。
「ここなら良いかなぁと思って。迷惑じゃない?」
と申し訳なさそうですが、当時の私と私の相棒は、見た目以上に、
実は子どもになつかれるという事実。

結果、
数分後には・・・
その子たちは、私達の頭の上に鎮座する結末。

ですが、やはり子どもですから、スグ飽きる。
追っかけまわす。
頭の上に鎮座。
追っかけまわす。
頭・・・

グロッキー・・・

彼らは坪庭の置き石に次の照準を合わせ、突撃して行った様を見ながら、
ムチ打ち防止の対策を練らねばと、ふと目に入ったのが、
デニムの残布。

たまたまボビンには20番の赤い綿糸が乗っていて、
加工デニムの柔らかい裾環を選び、
ひっくり返し、切り放し部分を縫い、
またひっくり返し、余ったループを両側に縫いつけ、
表の部分にガタガタのハートマークをステッチを入れたところで、
坪庭の置き石を両手一杯に抱えた彼らに気付かれて、
「何してんの?」
で、ヒョイと二人の頭からその物を掛け、
「これに入れて持って帰り」
見た目は時代劇にでも出てくるような布袋で、キレイとは程遠い代物ですが、
彼らは自分達だけのために作られたことがとても嬉しかったようで、
小さい手一杯に抱えた置き石を戻しに行ったかと思えば、
そのカバンらしきものに入れる資格のある石を数十分かけて選んでいました。

私にとっては、ほんの時間つぶしでした。
「子どもってキレイな形の石とか、なぜか好きなんで、持って帰ると言うだろうな」
「石だけの入ったショッパーを持って帰るのも微妙だし・・・」
くらいの軽い気持ちでした。

誰かの裾を詰めた後に出た、見る人によっては「ゴミ」かもしれない残布。
その残布を数メーターの糸とループで形にしただけの代物。

ですが、それが何よりも嬉しいと喜ぶ子ども。

何事も作られるには目的があって、それを使う人が居て、
それが何かの役に立つ。

役に立つ事が、用途なのか、気分を上げる事なのかは其々ですが、
「何のため?」という主語があれば、事は容易い。
(実際には全然容易くはないですが・・・)

逆もまた真。

という様な結論に至ってからは、一転、モノ作りがこんなに面白いのかと、
実感するようになりました。


という訳で、今進めていますのは、
ツーキニスト・ウェア。

ですが、自転車で通勤する人が、全員スーツだとは思えないですし、
普通のウェアの方が多いんではとも感じています。
それにサイクルウェアを着ることが目的ではなく、
自転車に乗って、行く先に目的がある様に思いますので、
その辺りを
「◯△□×◯△□×◯△□×?!◯△□×!!!!!・・・」
などと色々やりながら、行き詰まると「あのカバン」の事を思い出します。

ん?!

カバンの事を思い出したって事は、行き詰まっているのか?自分。



いや、大丈夫のはずです。


・・・念のために、もう一型、産んでから寝ます。

2010'01'26(Tue)02:46 [ a wardrobe ] CM0. TB0 . TOP ▲
nari/furi in Spring&Summer 2010
オープン当初から実施したいと思っていた事の一つが
「展示会」です。

ちょうど今、今年の晩夏から秋冬物の展示会がピークを迎えていますが、
私達の仕事の一つの楽しみは、間違いなく「展示会」です。

各メーカーの方々が心血注いだ、まだ誰の目にも触れたことの無い
プロダクトを、心ゆくまでじっくり見る事が出来るのですから、
食事がSOYJOYだけになるくらいの過密スケジュールでも、
この時期が一番の楽しみに代わりはありません。

私は数年前から、展示会に行く前には、ウェア関連の一切の情報を遮断して
行く事にしています。

今年傾向は・・・とか、
カラーは・・・とか、
素材は・・・とかは、得もすれば、探さなくとも目に入ってきます。

ですが、私が展示会で期待するのは、ある種のサプライズなんです。

「あっ、やられた・・・」とか、
「へぇ~そう来たか・・・」とか、
「ええ~っ?????」とか、

「・・・・・・・・・・・・・・・・」

など。

こんな風に商品と出会える事が、洋服の楽しさの一つだと思いますので、
これはなんとか、お店のお客様にも味わっていただきたいと思い、
今春の「rotator store」では展示会をキャラバン方式で開催します。

正確には「展示・受注会」です。

つまり実際の展開よりも一足早く商品をご覧いただき、
少しだけシーズンの先取り気分を味わっていただければと思っています。

そしてお気に入りのものがあれば、予約もお受けします。


今回は私達のパートナーである

nari/furi

rin project

PEdAL.E.D



この3ブランドの展示・受注会を行います。




そしてその第1弾が、
narifuri

場所は有楽町マルイ「rotator store」にて。

期間は1月23日より31日までの間。

昨年話題を呼んだFREDPERRYとのコラボレーションも
今年はさらにバージョンアップしてご覧いただけます。

今週末からは、また寒くなるとの予報ですが、
そのままじっと、暖かくなるのを待つよりも、
気持ちの良いシーズンのウェアを見て、
気分だけでもオン・シーズンを味わってみてはいかがでしょうか?




2010'01'20(Wed)00:04 [ a wardrobe ] CM0. TB0 . TOP ▲
didi
いやぁ~、すごい!

19戦目にして別府史之選手のあの瞬発力!

今年のツール・ド・フランスは本当に面白いです。

明日のモン・ヴァントゥーが最後の山場ですが、ランスのツールは来年も
見れるのでしょうか?



そこで思い出しました。

938848cd486558cadfc2946cff0a713c[1]
悪魔オジサンのサイトがあったことを。

Google map上フランスを中心に地図を表示してからでDidi Senftで検索しても
現れます。

ちなみにrotatorの次の悪魔はおねーさんになります。

8月下旬、登場します。
2009'07'25(Sat)01:09 [ a wardrobe ] CM0. TB0 . TOP ▲
    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。