It must notice.  element from bicycle.
05≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293006/ ≫07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
居心地
やはり無理はいけません。

それは突然やってきます。

ここ数年のお友達、

「ギックリ腰」

本日、一日安静。


考えればGW前から怒涛の数週間。

イベント準備や展示会や、その他諸々。

自己管理も義務なんですが、どういう訳かギリギリまで

負荷が掛っていることに気付かない。

大阪のイベント翌日、私とM氏で伺った
rimg0235_2-300x225.jpg
nari/furiの今秋冬の展示会。
(写真はF.I.G bikeのblogから拝借しました)

そこに居たのは
rin projectのTさん、EverywareのKさんに加え、京都に居る私の片腕H。
そしてF.I.G bikeのNさん。
いつもと言えばそれまでですが、このメンツでないと始まらないともいえるメンツです。
本当に他愛のない話をしながら、気付けば夜も更けて、
追い打ちを掛けるようにbicycle-magazineのIさんも合流し、
オフ・サイト・ミーティング完了。


ご存じの方も多いかと思いますが、昨年秋に原宿にオープンしたF.I.G bike。
この春には代官山にもオープンし、街中の自転車屋の中では
理想的な形で異彩を放っています。

私達のお店のスタッフも良く利用するお店ですが、
私自身、オープン当初からいろんな面で刺激を受けています。

自転車は所詮、鉄やアルミ、カーボンなどの塊です。
そんな塊で楽しさを伝える為に出来る事って何があるのか?
rin projectのYさん、PEdAL.E.DのSさん、nari/furiの二人に加え、
間違いなく、その答えを持つ一人がオーナーのNさんだと思います。

こういうメンツに囲まれながらの仕事は本当に居心地の良い時間です。
そうして油断して気を抜くと、いきなりやって来るのが・・・です。

用心します。

という訳でNさん。

今夏は何かやりましょう。
2009'05'16(Sat)01:23 [ weblog ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://tatuoten.blog82.fc2.com/tb.php/81-23923ba5
trackback



     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。