It must notice.  element from bicycle.
06≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303107/ ≫08
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
コミュニティー
IMG_0117[1]
青山いちょう並木の入り口に位置する「Royal Garden Cafe」が今年のGW直前
4月24日(金)から5月3日(日)まで「X2 TOKYO CAFE」として期間限定オープンします。

という事で、nari/furiの小林氏に誘われ、レセプションにお伺いしました。


IMG_0118[1]
「X2 TOKYO」とはブリジストン様が自転車+ライフスタイルという視点から見た提案を
4月1日から定期発刊されるフリーペーパーやWebのコミュニティーサイトなどで
多面的に展開する新しいムーブメントです。
その「X2 TOKYO」の実態版が上記の期間限定カフェです。

IMG_0119[1]
絹代さんをはじめ、多くの関係者が来場され、会場は熱気で溢れていました。

自転車というプロダクトをライフスタイルとして考える時、
それはある種の擬人化ではないかと思います。

私達のコンセプトでもある
「パートナー(相棒)としての自転車」

生活の中で無くては困り、
一緒に居る事で楽しくもなり、時には慰めてもくれる。
そういう感じではないかなと。

ですので、色々な所に一緒に出掛ける自転車ですが、
最近、痛感するのは、楽しむ環境の整備です。

自転車でカフェに行き、美味しいコーヒー飲んで、
また一っ走り。

・・・という事もままならない事も良くあります。

駐輪場の問題だけではなく、交通事情やマナー。
保管場所など、自転車を本当に気軽に誰でも楽しむ為に
変わらないといけない事が沢山ある様に思います。

そういう事も含め、色々な人と話し、結びつく「X2 TOKYO CAFE」のような
コミューンの存在はこれからの輪界にとっては重要ではないかと感じます。

レセプションが終わり、nari/furiの小林氏、私の相棒、松見さん、
途中合流のrin projectの山田さんと例のごとく、ミーティングという名の息抜き。
IMG_0121[1]
山田さんの中山道走破に他3人が恐れ慄きながら、私達の動きが自転車ファッションで
一括りにされる事への危惧を話しました。
時を同じくして、以前の話した小泉ニロさん主幹のフリーペーパー
「ふたつの輪」が4月25日に某所で配布が始まります。
今回のテーマが「自転車とファッションを考える」

rin project
PEdAL.E.D
nari/furi
rotator

それぞれのリアリティー。
各々がどのように始まり、どこに向かうのか。
共通するファションに対するアンチテーゼなど。
勝手気ままに話したことが、不思議な共通項を持つ事も発見し、
それに気づかせてくれた小泉ニロさん、編集の内海さんには改めて感謝します。

TREKの野口忍さんのランスとの2ショットも拝める「ふたつの輪」
rotator store各店でも配布が始まりますが、機会がありましたら、
ぜひご覧いただければと思います。

そして次回は緊急告知です。

お楽しみに。
2009'04'24(Fri)23:53 [ weblog ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://tatuoten.blog82.fc2.com/tb.php/75-f7604eea
trackback



     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。