It must notice.  element from bicycle.
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
モコモコ
カテゴリーがファッションである事を忘れてしまってました。
私のblog。

このままでは周りからもそういう事を忘れられそうなので、
今日はキチンとFASHION話しを。



一般のトレンド云々はさておき、一昨年から仕事中の移動も
自転車で出来るようになってからは年間のワードローブも、
当然、その機能を重視したモノ選びになっていました。

私の場合、それが仕事でもあった訳ですが、かと言って急激に
嗜好が変わるわけもなく、デニムで動きたい気分の時と、
スーツでシャキッとしたい時とは交互に訪れるわけで・・・

それでその気分のまま自転車に乗ると、結構不都合が起きる訳で・・・

これが前職で物作りをする時のモチベーションにもなっていたのですが、
実際には全ての日が自転車で移動する訳でもありませんので、
普通に電車で移動する時は、そのシーズンにあったものを色々と着たいと思います。

ココ数年、アウトドアウェアがFASHIONアイテムになり、ドア物好きの自分にとっては、
毎年新しい製品を仕事絡みで沢山見れる夢のようなシーズンが続いており、
年を追う毎にワードローブのドア物率が以前にも増して拡大し、その点に於いては
業界の策略にしっかりと乗せられています。

ですがその中で唯一触手が動かなくなっているアイテムがありました・・・

ダウン・ジャケットです。

冬は重ね着を思う存分出来る季節ですので、自分の趣味嗜好が暖を取るのに
活用される効果的なシーズンでもあり、1枚着れば寒さは凌げるという代物は、
元々あまり興味はありませんでした。

数年前のモンクレールの台頭で、ダウン・ジャケット自体が素材、縫製、機能諸々、
ドラスティックに変化し始めた頃は、フィルパワーとかのスペックではなく、
洋服として着てみたいデザインに出会い、幾つかのダウン・ジャケットを購入しました。

が・・・自転車に乗る時間が増え、ドアのレイヤード・スキルはそのまま自転車で活用し、
普段の暖を取るにもレイヤードの方が面白いシーズンが続き、またダウン・ジャケットに
関心が無くなっていました・・・

ですが、昨年末に気まぐれに立ち寄った表参道ノースフェイスで出会い衝動買いしたのが、
このノースフェイスのスタッフド・シャツでした。
IMG_3996のコピー

PERTEX SYNCRO という超極細繊維の今までに触った事の無いような質感、
ダウンを収めるキルトのピッチ、そしてアウターではありえないほどの細身のシルエットなど、
アウトドア・スペックではなく、完全にFASHIONへ振ったデザインに惹かれ、そこからインナー
ダウンというコーディネートにハマっていました。

このインナーダウンという着方は本当に万能です。

ダウン自体は熱を発する訳ではなく蓄熱するので、極寒ではその熱を逃さないために防風の
アウターを羽織るのが本来のレイヤードでも定石で、インナー(ミドラー)にダウンというのは
珍しいものではないですが、それを他のドレス・アイテム等で応用すると予想以上に暖かいし
楽しい。それに街中の極寒で自転車に乗る時もダウン・シャツは適度な保温力
(敢えて熱を保持させない)で、かなり快適である事も発見し、この冬は何年か振りにダウンを
買ったシーズンでした・・・で終わるはず・・・でしたが、
また発見してしまいました・・・ダウン。
それもジャケット。
IMG_3997のコピー

図られたかのようなノースフェイス・・・そしてパープルレーベル

ナイロン一辺倒だったダウンのアウター素材も近年進化し、ウールやデニムなど異素材の
ダウン・ジャケットも作れるようになりました。機能的にも羽抜けや偏りもなく、それまでの
ナイロンと何ら遜色の無いクオリティになっています。

が・・・ここ最近は個人的にはあまりピンと来るものがなかったのですが、
昨日久し振りに立ち寄った北千住の古巣の店でこれを改めてじっくり見て、
久し振りにダウン・ジャケット着てみようかと思いました。

オモテ面の素材はオイルド・タッチのコットン100%。
IMG_3999のコピー

裏地にはツィード・パッチワークの3Dプリント。
IMG_4002のコピー

これが肝でした。

コットンというのは着こむほどにシワを生み、それが味に育ち、その味というものが
ウェアを自分のものに近づけてくれるような気がしています。

そしてコットン特有の重みと触れた時の冷たさと、それがスグに暖かさに変わる安心感。

ダウンなのに綿のシャツを着ているような感覚に囚われる不思議。

ふとした動作で見える裏地もレスキューではなく、温かみを感じる絵。

袖のスナップボタンでの調整も秀逸で、これがリブならスポーツ然としてしまい、
予想以上にウェアのコーディネートで主張をし過ぎてしまいますが、これならどんな
コーディネートでも邪魔することはないでしょう。
IMG_4001のコピー

よく考えればモンクレールを始め、リプロダクトされた最近の復刻モデルもその多くは
リサイズが中心で、素材でシーズン毎に変化は付けどもディティールは
クラッシックなままです。

だから長く愛されるんでしょう。

機能をどこよりも自由に盛り込める背景にあって、それを拒否するワガママさ。

nanamicaにいる恩師曰く
「今、自分がカッコイイと思うか、そうじゃないか。それが一番重要」だと。

まさに。

カッコイイ。

フリースのインナーでストレッチのパンツではなく、
スメドレーのタートルや、ボロボロのBDシャツにウールタイでフラノのパンツなど、
洋服として勝負したくなるダウン・ジャケット。



でも悔しいなぁ・・・恩師には全然追いつかない・・・

だから頑張れるんですが。


ちなみに件のダウンジャケットはrotator storeで若干数(?!)ある様です。

ご興味があればぜひ古くて一番新しいダウン・ジャケットを羽織ってみてください。




2011'01'26(Wed)20:56 [ a wardrobe ] CM1. TB0 . TOP ▲
COMMENT


ノースフェイスパープルレーベルのブランドはMOUNTAIN DOWN PARKAとMOUNTAIN PARKAを含みます。その中、MOUNTAIN DOWN PARKAは大きいサイドポケット及び背面ジッパーポケットの方で、服がもっと使い道があることが見えます。高品質の材料も寒さに十分に対処することができます。
2012/04/07 15:48  | URL | ノースフェイスパープルレーベル #EBUSheBA [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://tatuoten.blog82.fc2.com/tb.php/518-912a0e60
trackback



     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。