It must notice.  element from bicycle.
10≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293011/ ≫12
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
サクリファイス
「ロードレースを舞台に描く・・・」の帯だけを見て、すぐにレジへ持って行った

サクリファイスサクリファイス
(2007/08)
近藤 史恵

商品詳細を見る


あれはちょうど、rotatorの原案作りで夜な夜な追い込んでた頃で、
ある夜に気分転換しようと、24時間営業の本屋に散歩がてら出掛け、
結局、自転車の事から全く離れられず、気分転換どころか
逆に追い込まれた事を思い出します。


中身についてはお読みになった方も多いでしょうし、まだの方も、本当にあっという間に
読み込めるテンポの小説ですから、機会があれば是非という事で割愛します。



で、今日もいつものように、気分転換に立ち寄った近所の本屋で見つけたのが、

サクリファイス 1 (ヤングチャンピオンコミックス)サクリファイス 1 (ヤングチャンピオンコミックス)
(2009/07/17)
近藤 史恵

商品詳細を見る


漫画になった事は知っていましたが、原作が面白かっただけに
連載中は敢えて観ませんでした。



折に触れ、漫画の話をしますが、当然、家の中はちょっとした漫画喫茶状態です。
引越して今だ片付かず積まれた段ボールの中身の正体もそうです。

原作→具現化(映画・アニメ)は少なからず、
「・・・・・・・・・・・・・・」となる事があります。

原作を読みながら、読み手の感覚の中で、
好きに、
自由に、
自然にその風景をイメージし、キャラを作り、声を感じ、
読み進めながら、頭の中で自分だけの一本の映画が描いた後に、
どんな具現化を見せられても、よほどの事がない限り違和感を覚えるのは
当然だと思います。


話は戻ります・・・

結論は、私的には久しぶりに違和感のないアレンジメントでした。
個々のディティールの描き方は小説に歩がありますが、
勝負を瞬間の結果論的で論じる従来のスポーツにはない、
ロードレースでの勝負の複雑さと面白さを感じるには、
この漫画は良い入り口かも知れません。



自転車の漫画は今、ちょっとしたブームのようです。
皆さん、それぞれ一家言あると思いますが、
その辺りはまたに機会に。



ここでいつものように気付く。

気分転換に読書・・・
面白い・・・
尾を引く・・・
関連する物を読み直す・・・
時間を忘れる・・・

・・・逆に疲れる・・・

ま、でも気分は確かに癒されますから、良しと。
2009'11'15(Sun)03:47 [ Book ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://tatuoten.blog82.fc2.com/tb.php/141-fd5bbf60
trackback



     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。