It must notice.  element from bicycle.
03≪ 2010| 12345678910111213141516171819202122232425262728293004/ ≫05
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
フラット・ロード

GW初日。
今日は一日、いい天気でした。

このまま夏は来ないんじゃないかと思われるような天気が
続いてましたが、絶妙なタイミングで暖かくなりましたね。

ところで、今週は、ちょっとした変化がありました。

それは通勤車が今までのMTBから、
IMG_1235.jpg
ROAD BIKEに代わった事です。

MTBとROAD BIKE。

改めて、全く違う乗り物だという事を実感しました。

子供の頃、公園や砂利道から、自転車の通れる所なら、
辺り構わず、縦横無尽に走り回った感覚を、
大人になった今でも、通勤や普段使いの中でも体感出来るMTBは、
まさに理想的な大人のオモチャ(う~ん、このワードは奥が深い・・)。

私のように、メンテナンスやディティールより、
足元気にせず、雨風関係なく、単純に動き回る事を楽しむには、
最適な相棒です。

その点、ROAD BIKEは早く走る為以外の機能は持たず、
道路のコンディションすら選択する。
そして速く走る条件さえ揃えば、人力では最速と思われるスピードを
いとも簡単に弾きだす。
そういう非常にストイックな乗り物だという事を実感しました。



一昨年サラリーマンとして上京し、昨年の独立後、晴れて仕事中の自転車での
移動が可能になり、そこからMTBでの都内自転車通勤が始まりましたが、
土地勘の無い中での移動は、当初は地図、今はi Phone片手に、目的地を探しながら
迷走(泣)する事、数え切れず・・・

そして井の頭通り沿いに、道聞く為の行きつけの交番が出来る頃に、
フッと気付いた事がありました。

都内の道って、キレイ・・・

これは道路の幅とか交差点の作りとかの構造ではなく、
道路表面の対大阪比です。

特に側道周辺が、こっちは平なんです。

当たり前の事のように思われるかもしれませんが、
大阪での道路行政の結果は、目も当てられない代物です。

年度末には、
電気、ガス、水道、電話・・・
公共料金宜しく、それぞれが、絶妙なタイミングのズレで、
大阪中の道路を、根こそぎ掘り返します。

道路がアスファルトではなく土なら、それは見事な畑が出来上がるでしょう。

工事自体はこちらでも同じ様子ですが、多分、後の仕上げがキレイなんですね。

なので、大阪でよく有る、KEEP LEFTしながら妙なコブでJUMPする事も、
こちらに来てからはありません。

という訳で、センシティブな運転に程遠い自分にも
フツフツと湧いてきた欲求が・・・

「ROAD BIKE乗りたい!」でした。

それまでの仕事という名の試乗経験から、MTBからでも違和感なく乗れた数少ない
ROAD BIKEとして思い浮かんだのが、この
IMG_1231.jpg
SCOTT CR-1でした。

まずは私のMTBを組んでくれたKANJIからもらった
IMG_1245.jpg
を装着。自分の尻は、今はこのサドルしか受け付けません。

後は見た目重視で選んで、機能がそれ以上だった
IMG_1243.jpg
LEZYNEのサドルバッグに
2台のBIKEに使える機能を利用して、MTBから付け替えた
IMG_1240.jpg
KnogのNERD12
センサー含み、移設時間数分で済むのは、今のサイコンでは最短じゃないでしょうか。
※ちなみに、このNERDの黒背景はサンプルです。

一度使うと止められない使用感で、フリーでランスな仲間の合言葉入りのIMG_1237.jpg
KASKは必須。

ここで問題が起きました。

ペダルをどうするか?です。

通勤で使う身としては、仕事柄、気分的にも着るものは重要で、
当然、靴も重要。

でもROAD BIKE的にいけば、靴はビンディングシューズ。
機能的には道理に適っているし、速さを求めるのならコレ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

先日、rotator storeに入荷したばかりの
IMG_1233.jpg
スカルレギンス&PEdAL.E.Dのショーツや、
今季、一番のお気に入りである
IMG_1225.jpg
パッド付きのサイクラシックパンツにKedsとか。

やはりシューズはコーディネートの肝。

結果、
IMG_1236.jpg
で解決。

自分にとってのROAD BIKEはランドナー的意味合いが強く、
如何に早く走るか!
ではなく、
自転車に乗っている間の心地良い時間を、どれだけ長く感じられるか?なんです。

当面はコレで、ゆったりとしたROAD BIKE通勤を楽しもうと思います。

最後に通勤中の楽しみの一つ、
外での買い食い。

今日は
IMG_1232.jpg
スパイシーなヨーグルトソースの掛かったKEBABでした。
スポンサーサイト
2010'04'29(Thu)21:01 [ Bicycle ] CM4. TB0 . TOP ▲
一気呵成
今日も朝から例のごとく、打合せ三昧。

ですが、全部の案件が今からスタートという
ちょっと重いものでした。

いやっ、内容が重いという事ではなく、
始まる事が決まるというのは、結果、
こちらの責任が発生する瞬間でもあり、
「ド~ン!」と肩に色んなものが乗っかる意味での
「重い」です。

ある程度の規模感のあるものは、その場で決まって、
スグに始まるというのは、あまり無いでしょう。

物によっては2年。
早いものでも半年は、始めるかどうかを揉む、準備期間があります。

たまたま、その別々の幾つかの案件が、同じ日にスタートが決まったという
珍しい日でした。


今、関わっているその他のプロジェクトとも、
最終的にはひとつの傘になるような気がしています。


思い立ったら、動かないと気が済まない自分は、
机上の論理を組み立てるより、

まずは一気呵成に進める。


これしか無いかな?

と思っています。



人と


自転車と


場所と


方法・・・


そして・・・


目的。




小学校の宿題は楽しくなかったですが、

今、色んな方から出される宿題は、楽しくて仕方がありません。


さ、今日も、なぜか美味しく感じる
(コレが生活習慣を狂わせているのですが)
真夜中の珈琲入れて、クオパディスとにらめっこです。
2010'04'22(Thu)02:04 [ weblog ] CM0. TB0 . TOP ▲
逆算スタート
昨日、今日と某社ウェアの展示会があり、アテンドのお手伝いを
しておりましたが、同時に次の企画のスタートでもありました。

◯月◯日まで後◯◯◯日・・・

という逆算時計もついに回り始めました。



私も初めて経験するスポーツメーカーでのモノ作りですが、
色々な違いを感じながらも、ファッションとスポーツの垣根を
取り崩して行く作業に魅力を感じています。



ハイブリットという言葉を最近よく耳にします。
いわゆる組み合わせの総称として使われる事が多いようですが、
アパレル的にはコラボレーションとは似て非なるモノです。

イーブンな立場で成立するコラボレーション(協業)も、
少し角度を変えて考えています。

そしてもうひとつは、ハイブリットです。

但し今回、取り入れるのは物とは限りませんが・・・




さぁ、まず最初に始めることは・・・





クオパディスのメモパッドの買いだめです。
2010'04'09(Fri)01:54 [ weblog ] CM0. TB0 . TOP ▲
NICE JOB!!!

いいなァ、コレ

2010'04'03(Sat)03:49 [ instrument ] CM0. TB0 . TOP ▲
船出
IMG_1122.jpg
新生「MOTO NAVI」「BICYCLE NAVI」の出港式が、
今日、青山でありました。

予想はしていましたが、開場時間に現場に着いた時は、
すでに入りきれない程の人で、それだけでも驚きましたが、
岩城滉一さんや筒井道隆さん、モデルの山下さんや絹代さんなど、
MOTO NAVIやBICYCLE NAVIの誌上で馴染みのある著名人の方々も
勢揃いされ、花冷えのする夜でしたが、会場内は異空間でした。
IMG_1120.jpg

冒頭の河西編集長のスピーチには、胸に迫るものがありました。

休刊から復刊という、結果を追えばスゴいと評される事なのでしょうが、
それを実現する為の労力と、可能性を追い続ける精神力は、
想像を絶するものだと思います。


自転車のテクニカルな面ではなく、ファショナブルな部分を
徹底して提案をされるBICYCLE NAVIの新たな船出。

一読者として、復刊の安堵感と共に、これからの期待感を
より大きく感じた夜会でした。



改めて

祝!新・BICYCLE NAVI
2010'04'03(Sat)02:35 [ weblog ] CM0. TB0 . TOP ▲
A NEW WAY OF MY LIFE
25.jpg
仕事人的には、昨日からが新年度ですね。

そういえば、丁度2年前のこの日からrotator storeが始まりました。

それまでは、頭の中にあっただけの、もしかしたら妄想に近いものが、
色々な人の手によって、日に日に形作られ、現実味を帯び、
そして5ヶ月後、最初のお店になりました。

ほんと、あっと言う間です。

そのrotator storeの発想のキッカケともなった
BICYCLE NAVI

明日は新たにスタートされる「MOTO NAVI」「BICYCLE NAVI」を擁する
VOICE Publication様の設立披露が行われます。

休刊からスグに復刊に至った、常識ではあり得ないプロセスは、
尋常ではない労力であったろう事は想像に易いですが、
それを実現した河西編集長の人並み外れた思いの強さを垣間見て、
出来る、出来ないは、今の市況には全く関係がない事を痛感しました。


「思えば叶う」

私は今年は大きな節目になります。

当blogでも、さんざん前振りをしていましたが、
来月の後半には、その事に関して、ハッキリとしたご報告をさせていただきます。

これからは、今まで以上に手探りになる筈です。

ですが、不思議と全く不安を感じません。

多分それは、関わる人全てが、共通の強い思いを持っているからだと
感じています。

まずは年度初め(?)らしく、今年の所信表明まで。
2010'04'01(Thu)05:54 [ weblog ] CM0. TB0 . TOP ▲
    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。