It must notice.  element from bicycle.
03≪ 2009| 12345678910111213141516171819202122232425262728293004/ ≫05
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
コミュニティー
IMG_0117[1]
青山いちょう並木の入り口に位置する「Royal Garden Cafe」が今年のGW直前
4月24日(金)から5月3日(日)まで「X2 TOKYO CAFE」として期間限定オープンします。

という事で、nari/furiの小林氏に誘われ、レセプションにお伺いしました。


IMG_0118[1]
「X2 TOKYO」とはブリジストン様が自転車+ライフスタイルという視点から見た提案を
4月1日から定期発刊されるフリーペーパーやWebのコミュニティーサイトなどで
多面的に展開する新しいムーブメントです。
その「X2 TOKYO」の実態版が上記の期間限定カフェです。

IMG_0119[1]
絹代さんをはじめ、多くの関係者が来場され、会場は熱気で溢れていました。

自転車というプロダクトをライフスタイルとして考える時、
それはある種の擬人化ではないかと思います。

私達のコンセプトでもある
「パートナー(相棒)としての自転車」

生活の中で無くては困り、
一緒に居る事で楽しくもなり、時には慰めてもくれる。
そういう感じではないかなと。

ですので、色々な所に一緒に出掛ける自転車ですが、
最近、痛感するのは、楽しむ環境の整備です。

自転車でカフェに行き、美味しいコーヒー飲んで、
また一っ走り。

・・・という事もままならない事も良くあります。

駐輪場の問題だけではなく、交通事情やマナー。
保管場所など、自転車を本当に気軽に誰でも楽しむ為に
変わらないといけない事が沢山ある様に思います。

そういう事も含め、色々な人と話し、結びつく「X2 TOKYO CAFE」のような
コミューンの存在はこれからの輪界にとっては重要ではないかと感じます。

レセプションが終わり、nari/furiの小林氏、私の相棒、松見さん、
途中合流のrin projectの山田さんと例のごとく、ミーティングという名の息抜き。
IMG_0121[1]
山田さんの中山道走破に他3人が恐れ慄きながら、私達の動きが自転車ファッションで
一括りにされる事への危惧を話しました。
時を同じくして、以前の話した小泉ニロさん主幹のフリーペーパー
「ふたつの輪」が4月25日に某所で配布が始まります。
今回のテーマが「自転車とファッションを考える」

rin project
PEdAL.E.D
nari/furi
rotator

それぞれのリアリティー。
各々がどのように始まり、どこに向かうのか。
共通するファションに対するアンチテーゼなど。
勝手気ままに話したことが、不思議な共通項を持つ事も発見し、
それに気づかせてくれた小泉ニロさん、編集の内海さんには改めて感謝します。

TREKの野口忍さんのランスとの2ショットも拝める「ふたつの輪」
rotator store各店でも配布が始まりますが、機会がありましたら、
ぜひご覧いただければと思います。

そして次回は緊急告知です。

お楽しみに。
スポンサーサイト
2009'04'24(Fri)23:53 [ weblog ] CM0. TB0 . TOP ▲
N.E.R.D
nerd.jpg
沢山のお問い合わせをいただきましたknogのサイクルコンピューター
N.E.R.D

先週入荷したおりましたが、ほどなく品切れが出ています。

この5月から夏にかけ、数回、再入荷の予定です。

今日は改めて以前のインプレを再掲しますので、
ご参考までに・・・
----------------------------------------------------------------------------

今日のお供はサイコン
つまり「サイクル・コンピューター」です。
で、今回のインプレは自転車用ライトの定番となったknogから
来春発売されるワイヤレス12ファンクション・サイクルコンピューターです。

最近は自転車は健康に良い!という流れでよく語られますが、
そのまま走って、感覚的な部分に任せると、
実際どれくらいの速さで、どれくらい走って、
それがどう変わっていくのか?などが分からず、
自転車と自分の関係があまりピンとこないような
気がしています。

そこで「サイコン」の登場です。

昨今のサイコンは本当に良く出来ていて、
十人十色の自転車の付き合い方に即したものを
選べます。

基本的な構造は
P1030802.jpg
フロントフォークに付けたセンサー(左真ん中の黒いゴム部分)を
タイヤのスポークに付けたマグネット(真ん中の丸い部分)が回転し通過する
回数から様々なデータをはじき出します。
それを
P1030796.jpg
ハンドルバーに付けた本体で表示します。

このサイコンはknogらしいデザイン、フォルムはそのままに
20081228.jpg
3LEDなどのライト同様に本体のゴムフックでダイレクトに自転車へ
マウントします。
サイコンからはじき出されるデータは
?時速(直近・平均・最大)
?走行距離(当日・総計)
等に加え、
最近はケイデンスと言われる1分間のペダルの回転数や
心拍数なども測れるモノがあり、多種多様です。

一般的には?と?を押えれば事足りるでしょう。

で、knogのサイコンですが、時速、距離、時計機能が分かりやすく、
ライト同様に他の器具を使わずにダイレクトに
しかも簡単に取り付けられるのが特徴です。
またグレード(この12等)よっては数台の自転車と共有出来るのも
優秀な点です。

私が最も気に入った点は時速の表示方法ですね。
通常のデジタルのように「カチ・カチ」と変わるのではなく
スライド方式で流れるように変わります。
その横には棒グラフで今の時速とMAXとを比べられたり、
見ていて楽しいサイコンはこれが初めてです。
P1030531.jpg
とりあえず走り始めて
P1030811.jpg
すぐに気が付きました。

表示がデカイ!

分かりやすい!

走っていて直近の時速や走行距離が分かり始めると
自転車との距離感が縮まります。
相棒感が増すとでも言うのでしょうか。

表示方法も楽しいし、使いやすい。

そう!写真では一般的なサイコンにあるスウィッチが見当たりません。

これも大きな特徴ですが、本体自体がスウィッチなんです。
メーター部分を押えると「カチッ」と少し沈み込み、機能が
切り替わります。
余計な部分を触らなくて済みます。
これも使いやすさに一役買っています。

本体を2秒ほど押すと
P1030818.jpg
バックライトが。

knogの一連のシリーズと同じ気分で遊びながら楽しめる
秀逸のサイコンです。

発売は2009年春です。(発売中)

ところでサイコンを使用される時は
自転車乗車中に凝視しない様にしましょう。
やはり危ないですから。

降りてからゆっくりデータを観察しましょう。
それも一興ですので。
2009'04'19(Sun)23:44 [ instrument ] CM0. TB0 . TOP ▲
one night...2LIGHT
前回の続き。

日が陰り、少し冷えた体を温めに
P1050133.jpg
古びた(すみません)茶店に。

気さくな店主のおばさんと他愛無い話の後、勧められたのが
P1050137.jpg
ここの名物の田舎ぜんざい。
あっさりとした甘味でとても美味しく、添えられた緑茶とお漬物を
頂きながらホッコリしていると
IMG_0074[1]
なぜか足元に鴨!

池の中にいるはずの鴨!

それも2羽!

なぜ!

すぐに判明。

店主のおばさん曰く、餌が欲しいと。
この時間、いつもの事と。

・・・5分後、満足な顔(?)をしながら
P1050134.jpg
帰路につく鴨。
猫の存在を忘れる不用心なのか、開き直っているのかは不明。

P1050145.jpg
花びらの漂う池のほとりに立って何気なく見上げると
P1050143.jpg

これからの時期は月夜も気持ちよく走れます。

そこで少し提案があります。

2light。
つまり
8_24_hall[1]
フロントライトを2つ付けるというものです。
一つは今までのように前方用に光量のあるライトをハンドル付近に。
もう一つを
IMG_0085[1]
フロントフォーク周辺などの走行車線側に。
写真はknogの1LEDですが、これを前方や周囲の車などへの認識用の
フラッシングライトとして使います。
後方用の赤のライトはだいぶ定着してきましたが、
前方用ライトでは視覚用とフラッシュを兼用されている方も多いようですが、
夜間走行時にはやはりフラッシングだけでは急なギャップとかの
発見が遅れる場合もあります。
楽しく、安全に走る為にも2lightをお勧めします。

明け方や夜も心地良く走れるシーズンが始まりますので、
ライトの使い方も新しく始めてみてはいかがでしょうか?


2009'04'12(Sun)01:27 [ weblog ] CM0. TB0 . TOP ▲
one day...
蝉の子もまだ土の中から出る前に、私は雪の降る頃の身支度を整えに
今秋冬向けのとあるインポート・メーカーの展示会に。

ご存知の方も多いかと思いますが、私たちのお店の裏側は季節の流れが
本当のものより少し早く進んでいます。
だいたい3ヶ月から半年くらいでしょうか。
またその企画、生産に関わるセクションは、
その先、半年から1年以上先を考えています。
ですから暑いときには暖かいモノを、
寒いときには涼しいモノの事を考えながら過ごしてます。

そしていつものように展示会で浮世から離れ、もう次のシーズンが待ち遠しくなっています。

そんな職業病に取りつかれた私を今の季節に呼び戻してくれたのが、
IMG_0082[1]
目の前にあった桜でした。

昨年上京し、慣れぬ土地での商談の合間に見た目黒川沿いの桜並木は
とても印象的でした。
通り一本向こう側の喧騒のお陰で、その佇まいがより際立っていました。

IMG_0083[1]
もう葉桜になっていますが、それはそれで趣があります。

そこで見頃の間にと、次の休みの日、所用を済ませ、新作ウェアの
photo.jpg
インプレも兼ね、ひとっ走りして井の頭公園へ。

巡航速度25km、都合30分で
IMG_0073[1]
着きました。

photo2.jpg
今回から新しく加わったウェアは背中の部分がクールマックスという
機能素材を使用しています。
クールマックスは汗を素早く蒸散させ、速乾性も高く、
サラッとした質感が特徴です。
Tシャツのプリントのかすれ具合や風合いと機能性を両立させるという
工場サン泣かせの私の我がままの産物です。
これにウィンドブレーカーを1枚持って、
photo3.jpg
クロップ丈のパンツにノースフェイスのバイオテックスを合わせましたが、
運動後の着用感が予想以上に快適でした。
背中はバッグを背負う事もあって、夏場一番汗をかき、冷えもする場所でしたが、
この素材ならかなり軽減出来そうです。

20℃を超え始めた自転車には最適なシーズンが始まります。

CLのMさん、Sさん、Oくん。
この場を借りまして、お礼を申し上げます。

これで今年は頼もしい相棒が出来ました。

次の我がままもぜひ、よろしくお願いします。

2009'04'12(Sun)00:53 [ weblog ] CM0. TB0 . TOP ▲
今日のSAKURA

そろそろ見頃ですね。

少し暖かくなって、自転車で少し遠回りして・・・

何気なく見上げたところに咲いてました。
2009'04'05(Sun)22:42 [ a wardrobe ] CM0. TB0 . TOP ▲
    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。