It must notice.  element from bicycle.
10≪ 2008| 12345678910111213141516171819202122232425262728293011/ ≫12
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
archive
archive
(収集された)古[公]文書、古[公]文書の保管所、書庫(保存・参照用の文書)
アパレルでは普遍的な要素を表現する際によく用いられる表現です。

昨日、青山スパイラルガーデンにて行われた
ザ・ノース・フェイスが、ブランド40周年を記念したイベント
「DO MORE WITH LESS」展のレセプションへ。

19時半からの開始には間に合わず、
少し遅めの会場入りでしたが、すでにホール内は人・人・人で溢れかえり、
外の寒さがウソのよう熱気で包まれていました。
P1030600.jpg
急いで来たもので、カラカラだった喉を癒しに、バーカウンターでドリンクをサルベージし、
nanamicaの代表H氏へご挨拶にお伺いすると
「blog見てますよ」との事で、恐縮しきりです。

改めて恩師でもあるnanamicaのディレクターS氏の元へ。
少し話す間に気づいた事がありました。
自分がアパレルで数十年、いろんなモノを見て、いろんな事を教わり、
今またTHE NORTH FACEを通じて人と繋がったという事。

1960年代後半、ベトナム戦争が深刻化。
その流れが若者の中に対抗文化とも言われるカウンターカルチャー・ムーブメントを生み出し、
社会からの自立、自分自身の存在意義などを見つける術を「自然」に求め始めました。
狭義ではヒッピー文化とも称されます。
今から40年前の1968年。
サンフランシスコで生まれたザ・ノース・フェイスは、そのヒッピー達の旅立ちの為に
スリーピングバッグやバックパック、テントを作り始めました。

多くのアウトドア・ブランドの発祥はこういったカルチャーと密接に結びついています。
普段の印象からすれば、用途在りきで開発され、試験を繰り返し、
結果、人の命を預かれるまでの製品となる「物」としての側面が強いように思いますが、
実はそのきっかけは人の内面(精神)から生まれたという構図。

プロダクト≠スピリチュアル=THE NORTH FACE

会場内に展示されているのはそのスピリチュアルから始まったTHE NORTH FACEが
プロダクトとして完成されて行く歴史をはっきりと見て取れるものでした。
渡辺淳弥、テーラーデザインとのコラボレーション作品は次のTHE NORTH FACEの
行く先を見ているような気がしました。

一番奥のスペースは高い天井の吹き抜け。
薄暗い、夜空の見えるそのスペースには
真っ白の大きなドームテント。
P1030588.jpg
世俗からの解脱を求め、自然に入るために考えられたドームテント。

見上げればTOKYOの夜空。

そのドームテントの真横で始まった近藤等則さんのLIVEはカウンターカルチャーを
イメージしたインプロビゼーションに聞こえました。

カルチャーからアーカイブへ。

機会があればぜひご覧いただきたいイベントです。

■タイトル DO MORE WITH LESS
      =デザインサイエンスが育んだザ・ノース・フェイスの40年=
■会期 2008年11月28日(金)~12月3日(水)
■場所 スパイラルガーデン(スパイラル1F) 




スポンサーサイト
2008'11'28(Fri)19:03 [ a wardrobe ] CM0. TB0 . TOP ▲
respect
仕事明けで小雨降る中向かった先は中目黒ラウンジ。
HI360232.jpg
見てお分かりのように卓球バーです。

私の恩師と久しぶりにゆっくりと食事を。

数時間、本当にとりとめもない会話です。

洋服から始まり音楽、そして大人夜話。
HI360233.jpg
脈絡もなく、思うがままに話す時間。

nanamicaのディレクターであるS氏は私の憧れでもありました。

自分が駆け出しの頃、自分が一番かっこいいと思っていたものとは全く違う

新しい価値観を教えてくれた人。

十数年、未だに影響を受け続け、これからもそうであろう人。

自分がニュートラルになれて、話が出来る人は少なくなりました。

それだけ年をくったのかなぁとも思いますが、

そういう中で、未熟だった自分を思い出させてくれ、

そして元気をくれる人がいる事。

リスペクト respect
HI360235.jpg
私の片腕、Mr.PACKERSも当然のように影響を受けます。

S氏と話しながら、二つのキーワードが浮かびました。

これが次のrotatorに繋がります。

人と会い、人と話し、感じ、インスパイアする。

こういう流れが私達クリエーションの源です。

2008'11'26(Wed)02:37 [ weblog ] CM0. TB0 . TOP ▲
im・pres・sion-sombrio at Park
P1030542.jpg
初冬の公園。

薄いスウェットにストレッチのパンツ。
暖かい日はナイロンパーカーにダウンベストを重ね、
肌寒い日はスウェット+ダウンベストの上は65/35のマウンテンパーカー。
首元にはネックガード用にバンダナを三角巻きに。

これがこの時期の定番です。

ウェアは気温に応じて変化していきますが、
ギアもそうです。
knogglove1
先週まではフィンガーレスのグローブでしたが、
今週からは
P1030523.jpg
sombrioのサマーグローブ。
サマー?って。
そうなんです。
私は指の感覚が鈍るのが嫌で、冬でも割と薄手を使っています。
このsombrio
P1030525.jpg
掌の洗濯しても大丈夫なレザー部分に空気穴があり、
握る都度、空気が循環します。
手首部分にストラップが無く、その代りにある
ポリウレタンのリブが軽くホールドしてくれます。
一番のポイントは手の甲と掌部分の素材によるテンションの違いで
P1030527.jpg
はめると指がこんな風に勝手に曲がります。
これが予想以上に快適で、癖になっています。
P1030538.jpg
今日はERGON GR2の感触を試そうと近所の公園の小山へ。
息子は新調のSPIUKのヘルメット
P1030526.jpg

P1030537.jpg
UnAuthorizedのグリップで。


P1030544.jpg
空を見上げると、木々には夏の名残がしがみつき、
見下ろすと
P1030543.jpg
一面に黄金色の絨毯が。

少し動いて温まり、
ペダルを下ろすとひんやりと。

私の寒い時期のサイクリングは少し目先を変えて、
近くで遊ぶ、散策するが主になります。

公園の中にある売店で買ったホットコーヒーとシナモン味の揚げパン(懐かしい・・・)。
目線の先にある
P1030550.jpg
一葉を眺めながらのブレイクは、これ以上ない贅沢です。

P1030558.jpg
で、帰宅後は自分でちゃんとメンテナンス。

子供のお小遣い程度で一日が満喫できるのも
自転車ならではかなぁと感じました。
2008'11'23(Sun)20:55 [ instrument ] CM0. TB0 . TOP ▲
余韻
遅ればせながらCYCLEMODE2008のカジュアルモード・ブース出展者の打ち上げが
主催者であるCycleStyle.netのN氏の号令の下、恵比寿で行われました。

CYCLEMODEへお越しになられた方はお感じになられたかも知れませんが、
今回私達は来場者の方々同様、もしかしたらそれ以上にイベントを楽しんでいました。

元々、自転車が大好きで、その事に携わる仕事をしているので、
ああいった好きなモノが周りにあふれる中で仕事をしていたのですから、
楽しくないはずがありません。

私も含め、実はモード開け、少しブルーになった人も居ました。
PEdAL.E.DのS氏曰く、
「子供のころの「楽しい夏休み」といった感覚で、それが終わるのは寂しかった。」
まさにその通りでした。

今はその余韻をいかにクリエーションに繋げるか?
皆が真剣に考えています。

で、打ち上げ。
HI360229-0001.jpg
nari/furiのIクンに懲らしめられるPEdAL.E.Dの王子。
こんな関係です・・・嘘です。ホントは逆?
ちなみに横のお方は初登場!私の懐刀のM氏です。
rotatorの影の主役です。(モザイク付き)

で、重鎮チーム。
HI360230-0001.jpg
nari/furiのKクンはrin projectのYさんに叱られている訳ではありません。

とにかくもまた、気持ち良い酒席でした。


自転車大好きの大人が酒を酌み交わしながら、また何やら考え始めています。
こういう企みを始めると本当に皆楽しそう。

その辺りは追々。

首を長くしてお待ちいただければ・・・





2008'11'22(Sat)02:05 [ weblog ] CM0. TB0 . TOP ▲
Xmas tree
某事務所で来春物の打ち合わせを終えて外に出ると、
頬に触れる風がやけに冷たく、
鼻の奥に「ツン」と来るような、冬特有の匂いを感じました。
朝は少し暑いかなぁと持ち歩いていたNORTH FACEのベストを
着ていたウィンドブレーカーの上から羽織り、
こんなにハッキリとした季節の変わり目も珍しいなぁと思いながら路地を抜け、
表参道に出ました。

HI360227.jpg


歩道には、次の芽吹きを待つために落ちた枯葉が吹く風にあおられ、
いたるところで渦巻いて積もっていました。

何気にはいた息が白く視界を遮り、
冬の到来を実感しながら、
いつもよりも深くポケットに手を突っ込んで歩いていると、

HI360226.jpg


赤いネオンの館が出現!

ふと考えました。

「ネオン」って、冬の方がきれいに見えるんじゃぁないかなぁと。

夏にもきっとあったはずの街中のネオンライト。
でも、思い返してみると、印象に残るネオンライトは
ほとんどが冬の場面の中に。
冬はXmasやパーティーなど、光の演出が多い場面に遭遇することが多いので、
そう思ったのかもしれませんが、
私は、この冷たい空気がそう見せてくれるのではないかとも考えていました。

冷えて澄んだ空気を通して見る、色とりどりのネオン。

HI360225.jpg


四季があることに感謝する。

それは季節毎にしか現れない、こういう瞬間を垣間見た時に感じます。




2008'11'20(Thu)02:40 [ weblog ] CM0. TB0 . TOP ▲
kona - monja
KONAと言っても、クロモリ、シングルの名品「KONA」ではありません。

「粉」です。

私は大阪出身ですので、いわゆる「粉もん」にはうるさいです。
炭水化物+炭水化物が当たり前の常エネルゲン摂取状態の
関西の台所事情が大阪パワーの源かも知れません。

上京後、普段の食生活では関西、関東の違いにそれほど苦労はしませんが、
なぜか周期的に食べたくなるもの
「たこ焼き」
「お好み焼き」
「ねぎ焼き」
「蓬莱の豚まん」
そして
「キツネうどん」
に関しては、やはり不満が残ります。

その中でも特に
「お好み焼き」と「キツネうどん」は、味の組み立てが根本的に合わないのか?
どうしても大阪の味覚が染み付き、満足が出来ません。

ですが、ないモノはないので、仕方がない。

発想の転換!
降り出した雨の止み間に自転車で出掛けたのが
monja1.jpg
一橋学園そばの「め組」
もんじゃのファミレスという様な面持ちです。

もんじゃは結構好きです。
お好み焼きは主彩としての位置づけですが、
もんじゃは基本おやつ。
ジャパニーズ・ジャンク・フードの元祖。
monja2.jpg
とりあえず「明太子もんじゃ」にソースせんべい、メロン・ソーダ。

小さい頃、近所の商店街に必ずあった「たこ焼き」の出店から漂う
その香ばしい匂いが五感に鮮明に焼き付いています。
当時の記憶は定かではありませんが、一船8個100円という時代もあったと思います。

コンビニがあった訳でもない当時は、小腹が空いた時の買い食いは
駄菓子屋かお肉屋のコロッケ、そして屋台のたこ焼きと、
今からすれば選択種なんて無いに等しいのですが、
そういった寂しさは微塵もなく、
逆にそれぞれの味や食べた時の瞬間などが懐かしく楽しい思い出として残っています。
monja3.jpg
焼けたもんじゃをソースせんべいに載せて食べている時に
フッと、そういう事を思い出しました。

2008'11'15(Sat)22:35 [ weblog ] CM0. TB0 . TOP ▲
形振り
「形振り」

服装や態度を表すこの意を洋服に置き換える

narifuri

nari/furi


自転車に乗る事をライフスタイルと考える

「rotator store」にこの冬、待望のパートナーブランドが加わります。



自転車に乗るという事から発想されるモノは本当に多岐に渡ります。

毎日自転車で通勤する人。

休みの日に目的も決めずにポタリングする人。

挑戦的にロングライドを続ける人。

生い茂った森の中のゴツゴツした山肌を見ると無性に走りたくなる人。

乗るよりも組み立てる事が好きな人。

等など。

10人居れば10通り。

自転車との付き合い方。


そんな付き合い方を洋服を通じて提案を試みる「nari/furi」の商品は

ライフスタイル・スポーツ・ウェアとでも呼びたくなる、

ノン・ジャンル、ノン・カテゴリーなギア(GEAR)ウェアです。



私がリスペクトする中で一番若いKクンとIクン。

昨日、私が敬愛するクリエーターからいただいた文面を

そのままあなた達にも送ります。



I was very impressed by the concept
and hope we can work together





2008'11'14(Fri)23:24 [ a wardrobe ] CM0. TB0 . TOP ▲
あり続ける事
swellstore

京都にあったセレクトショップです。

ターゲットやトレンドなどの浮世の流れとは一線を画し、

良いと思ったものをキチンとお客様に提案する。

良いと思うその価値観も、決して押し付けではなく、

日々感じる気分を自然に消化しながら、

変化することにも躊躇せず、

儘よと毎日そこにあり続けた

お店です。


昨日をもって閉店となったお店ですが、

この店の芯であったKJクンは私の信頼する仲間においても特別な存在です。

rotatorの名付け親でもある彼は私の前職での片腕でもありました。

彼と自転車との関わりを書けるほど、私に技量はありません。

が、私の発想は彼の日常からインスパイアされ、

そして色々な人と出会い、

何年かの月日を得て

「rotator store」に結実しました。



私達の仕事は多くの人との出会いに支えられています。

一つの発想は必ず源(出会い)があり、

個人の思考を経て、一つの仮説(発想)に結びつきます。

私達の提案の数は、そのまま人との出会いの数でもあります。




swellstore閉店に際し、

「ありがとう、御苦労さま」という言葉で補える程度のものではなく、

「じゃぁ、またな」と次に繋げる言葉しか見当たらないのが実感です。




儘よと毎日そこにあり続けるコト。




KJクン


じゃぁ、またな







2008'11'13(Thu)00:32 [ weblog ] CM0. TB0 . TOP ▲
CYCLEMODE・report
サイクルモード2008が無事、閉幕しました。
10月31日からの10日間、
大阪から幕張。
準備を含め、私達スタッフも純粋に楽しんだイベントでした。

サイクルモードでも初の試みである
ポータルサイト「サイクルスタイル」発の
「カジュアルモード・コレクション」
casualmode

今回はrotatorの新しいコラボレーションの発表に加え
rotatorbs

TREK×rotatorの店外で初の協業イベントでもありました。
trekrotator1

私達がリスペクトする「TREK」という自転車メーカー。
trek1
単に自転車の性能を追求するだけではなく、
『誰でもが「安全で」「楽しく」「快適に」自転車に乗れる事が出来て、
そこから自転車を通じた次の未来がある。』
それを実現するためにテクノロジーだけではなく、自転車をめぐる環境までも
作ろうとしている。
その実直なまでの姿勢は、rotatorの服に対する考えの指針でもあります。

TREKのブースでは専用ステージがあり、期間中多くのイベントが
開催され、白戸太朗さん、絹代さん、小泉ニロさんなどが自転車に
纏わる様々な事を分かりやすく、楽しく話されていました。

幕張でのTREKステージでの最初のトークショーでは
trektalkshow
私と絹代さん、TREKマーケティング担当でMTB元アジアチャンプの野口忍さんも
交えて「rotator」誕生の経緯から来春商品のご紹介をさせていただきました。
実は固い打ち合わせらしきものは全く無く、野口さんや絹代さんと普段のままで
話させていただきました。というよりも急に出演のお願いをした絹代さんに得意の
丸投げをしたようなものでしたので、時間管理、助け舟を含め、本当に助かりました。
絹代さんには期間中、rotator初のレディース・ウェアのモデルとしても協力をして
いただきました。本当に頭が上がりません・・・
ありがとうございました。

会期中、広い会場を目一杯走りまわり、大活躍だった絹代さんは
モード初の試みとして女性目線でのサイクルモードの楽しみ方を
館内ツアーという形で実施されていましたが、
tour
大変な好評で、連日多くの方が参加され熱心に絹代さんの説明に耳を傾けていました。
期間中の恒例となったプラカード片手に館内を回る絹代さんに
目を止められた方も多かったのではないでしょうか?

サブステージでは吉村洋三さんが自転車を分かりやすく解説。

小泉ニロさんのライブステージなども行われていました。


私達のパートナーでもあるダイアテック様のブース
diatech1

館内休憩ブースでも熱心に読まれていた方が目立ったカタログは
非常に完成度が高く、一見の価値があります。
diatech3
試着された方が全員驚かれた「rotator store」でも取り扱う「SUOMY」のヘルメットや
「knog」「LEZYNE」などの新作が所狭しと並べられていました。
diatech2

そして印象的な
MAVIC
MAVICのブース・・・

とにもかくにも今年も盛況のうちに閉幕し、新しいシーズンが始まりました。
自転車に対する関心の高さは予想をはるかに超えていましたが、
私達にはとても良いプレッシャーになりました。

一つ感じた事は、サイクルモードは単に企業の集まりではなく、
集まった全員で、今後の自転車を巡る環境をより良くするための
共同作業であるという事です。
ここに参加させていただいたことに心から感謝しています。

関係各社の方々へ改めてお礼申し上げます。

私達は普段見慣れたアパレルを通じて、自転車の楽しさを少しでも
伝える事が出来れば良いなぁと考えながらお店を作っています。
サイクルモードで感じた熱気がそのまま繋がっているような
そういうお店にしたいと考えています。

fun ride!

やっぱり自転車って楽しいです!!!



2008'11'11(Tue)13:54 [ TREK ] CM0. TB0 . TOP ▲
HOT! CYCLEMODE
どこからお伝えしていいのか分からないくらい、

今年のサイクルモードは色々の要素が満載で、

そして熱気で溢れかえっています。

私も出展側になる前は、毎年参加し、期待の試乗車を心待ちに

しながら、列で待つ事を楽しんでおりましたが、

今年は試乗車台数も増え、

そしてお客様も増え、

コースも増え、

イベントも増え、

ほんとに多彩で、今までにない充実ぶりです。


午前中はパートナーであるダイアテック様のブースで

北京オリンピック出場のBMXレーサー阪本章史さんへご挨拶。

その後、遅めに昼食を済ませ、ブースに戻る途中、ある一角を見て

固まりました。

いやっ!ほんとに固まりました。

そこに居たのはサイクリング界の伝説のチャンピオン エディーメルクス。

?深谷産業様のブースでサイン会が行われていたんです。

こういう機会でなければそうそう会える人ではないだけに

ゆっくりとインタビューを聞きたかったのですが、

ひかれる後ろ髪をその場に残し、現場復帰。

そして退館後、

その後ろ髪を拾ってくれていたのは

PEdAL.E.DのBOSS、Sさん。

em

大阪から続くMODEで体も少しヘロヘロでしたが、

これで最終日も頑張れます。

明日もたくさんのイベントや多くのゲストがお越しになります。


明日が最終日です。

CYCLEMODE2008。

自転車との出会い以外にも予期せぬ出会いがあるかも

知れません。
2008'11'08(Sat)22:33 [ Bicycle ] CM0. TB0 . TOP ▲
our partner
始まりました、CYCLEMODE2008
前日までは、お越しになられる方の反応に色々気をもんでいましたが、
初日、少し早めの準備のために会場入りしたところ、
入場口には驚くほどの長蛇の列。
一気に緊張感が高まりました。

私達はrotator storeでも展開しているパートナー・ブランドの方々と共に
サイクルスタイル様が主幹となる「カジュアルモード」というブースに
出展しています。
自転車ウェア=スポーツウェアではなく、
自転車→自由に乗る→自由なウェアという様な思いを持つ
ブランドの集合です。
ですが、今までになかったものだけに
自転車に関心の高い方々へどこまで理解していただけるのか?
私達のようなスポーツウェアではない、ファッションとしての
サイクルウェアが、どれくらい認知されるのか?
戦々恐々と開場を待ちました。

吹っ飛びました。
不安は。
夕方3時には前年の入場者数を超えた予想をはるかに超える
来場者。
エントランスのある2号館に位置する「カジュアルモード」ブースでは
一息つく暇もないほど、たくさんのお客様が真剣に商品をご覧になり、
沢山の質問、ご要望をいただきました。

途中、私の長年の友に促され、ネパール遠征の前に立ち寄ってくれた
ken&yuu
ゲイリーフィッシャー所属・小野寺健くん(右端)と
トレック所属・竹ノ内悠くん(右隣)の国内トップライダー。
(忙しい合間にありがとう!)
私達が応援するこの二人とリンプロジェクトのYさんとは
親子ほど違いますが、そこは自転車が好きな者同士、
瞬間で意気投合。


みんなが思っていた不安が吹き飛んだ夜、
our partner
私達みんながリスペクトするrinprojectのYさん、Tさんをはじめ、
私も教わることの多い職人肌のPEdAL.E.DのSさん、Sクン。
最年少にも関わらず、服作りへの熱意は皆が驚くほどの
nari-furiのKさん。
そしてknogやLEZYNEなどの今までにない自転車ギアやウェアを
世界各国から見つけて来てくれるダイアテックのSさん、Mさん。
gunungのYさん。
全員で久しぶりに気持ち良い深酒をしました。

11月7日からは幕張メッセへ会場を移し、
CYCLEMODE2008後半戦が始まります。
11月7日は午後3時会場で、レディースデーと称し、
午後9時までの開場で女性の方は無料です。
私は4時過ぎからTREKブース内のステージで
街乗りのファションについてMTB元アジアチャンピオンの
野口さんとトークショーを行う予定です。

次の幕張で、皆様のご来場をお待ちしております。

2008'11'04(Tue)21:04 [ Bicycle ] CM0. TB0 . TOP ▲
    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。