It must notice.  element from bicycle.
08≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293009/ ≫10
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
CYCLEMODE・report
サイクルモード2008が無事、閉幕しました。
10月31日からの10日間、
大阪から幕張。
準備を含め、私達スタッフも純粋に楽しんだイベントでした。

サイクルモードでも初の試みである
ポータルサイト「サイクルスタイル」発の
「カジュアルモード・コレクション」
casualmode

今回はrotatorの新しいコラボレーションの発表に加え
rotatorbs

TREK×rotatorの店外で初の協業イベントでもありました。
trekrotator1

私達がリスペクトする「TREK」という自転車メーカー。
trek1
単に自転車の性能を追求するだけではなく、
『誰でもが「安全で」「楽しく」「快適に」自転車に乗れる事が出来て、
そこから自転車を通じた次の未来がある。』
それを実現するためにテクノロジーだけではなく、自転車をめぐる環境までも
作ろうとしている。
その実直なまでの姿勢は、rotatorの服に対する考えの指針でもあります。

TREKのブースでは専用ステージがあり、期間中多くのイベントが
開催され、白戸太朗さん、絹代さん、小泉ニロさんなどが自転車に
纏わる様々な事を分かりやすく、楽しく話されていました。

幕張でのTREKステージでの最初のトークショーでは
trektalkshow
私と絹代さん、TREKマーケティング担当でMTB元アジアチャンプの野口忍さんも
交えて「rotator」誕生の経緯から来春商品のご紹介をさせていただきました。
実は固い打ち合わせらしきものは全く無く、野口さんや絹代さんと普段のままで
話させていただきました。というよりも急に出演のお願いをした絹代さんに得意の
丸投げをしたようなものでしたので、時間管理、助け舟を含め、本当に助かりました。
絹代さんには期間中、rotator初のレディース・ウェアのモデルとしても協力をして
いただきました。本当に頭が上がりません・・・
ありがとうございました。

会期中、広い会場を目一杯走りまわり、大活躍だった絹代さんは
モード初の試みとして女性目線でのサイクルモードの楽しみ方を
館内ツアーという形で実施されていましたが、
tour
大変な好評で、連日多くの方が参加され熱心に絹代さんの説明に耳を傾けていました。
期間中の恒例となったプラカード片手に館内を回る絹代さんに
目を止められた方も多かったのではないでしょうか?

サブステージでは吉村洋三さんが自転車を分かりやすく解説。

小泉ニロさんのライブステージなども行われていました。


私達のパートナーでもあるダイアテック様のブース
diatech1

館内休憩ブースでも熱心に読まれていた方が目立ったカタログは
非常に完成度が高く、一見の価値があります。
diatech3
試着された方が全員驚かれた「rotator store」でも取り扱う「SUOMY」のヘルメットや
「knog」「LEZYNE」などの新作が所狭しと並べられていました。
diatech2

そして印象的な
MAVIC
MAVICのブース・・・

とにもかくにも今年も盛況のうちに閉幕し、新しいシーズンが始まりました。
自転車に対する関心の高さは予想をはるかに超えていましたが、
私達にはとても良いプレッシャーになりました。

一つ感じた事は、サイクルモードは単に企業の集まりではなく、
集まった全員で、今後の自転車を巡る環境をより良くするための
共同作業であるという事です。
ここに参加させていただいたことに心から感謝しています。

関係各社の方々へ改めてお礼申し上げます。

私達は普段見慣れたアパレルを通じて、自転車の楽しさを少しでも
伝える事が出来れば良いなぁと考えながらお店を作っています。
サイクルモードで感じた熱気がそのまま繋がっているような
そういうお店にしたいと考えています。

fun ride!

やっぱり自転車って楽しいです!!!



スポンサーサイト
2008'11'11(Tue)13:54 [ TREK ] CM0. TB0 . TOP ▲
アームストロングがアスタナへ
アスタナチームのヨハン・ブリュイネール監督は、
現役復帰することを表明した
ランス・アームストロング(37=アメリカ)がアスタナチームに
加入すると発表した。かつてブリュイネール監督とともに
ツール・ド・フランス7連覇を果たしたアームストロングは、
05年に現役生活にピリオドを打ち、引退してからは自身が
96年に発病し一時は選手生活も危ぶまれた癌への慈善
活動に力を注いでいた。
アームストロングはブリュイネールが率いるアスタナチームに
所属、再度プロ選手としてチャンピオンを目指すと同時に、
世界規模で癌で苦しむ人たちに目を向けてもらいたいと
している。
続きはcyclestyle.netで。


ランス・アームストロングについてはあまり多くを語れません。
いろいろと思い入れがあるので。

ただ一つ。

2003年のツールド・フランスでの落車後の追走や落車の
誘因となった子への配慮など、人間臭さを垣間見た
思いでした。

ランス・アームストロングの復帰。

このことが一つの商品になります。

発表は11月。

ぜひ、お楽しみに。
2008'09'30(Tue)01:15 [ TREK ] CM0. TB0 . TOP ▲
    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。